今日は比較的暖かで穏やかでした。

明日また雨風で荒れるらしいけどな・・。(´(ェ)`)

貴重な晴天を逃がすわけには参りません。

春といえばじゃがいもの植え付けなのですが、2週間前にやっとくべきこと。

 

「直射日光にあてる。」です。

 

 

 

こうすることによって、芽が紫になって、根の生育が活性化されて、病気に強くなるのです。

じゃがいもの品種は「キタアカリ」です。

良く言われるのは種芋は種芋の品種を買わないと伝染病にかかりやすく

発育が悪いとかいわれてますが・・。

 

ノンノンノン!

 

そんなことはございません。ちゃんと育てればホームセンターや園芸店で販売されている

種芋よりよく育ちます。

今回買ってきたのは、地元のよろず屋「k商店」の売れ残りです。

主婦の方は芽がでてると「うひゃ〜だめだわ〜。」と

買わないのですが、私は「お!!順調な発芽やん!!」と喜び勇んでまとめ買いするので

レジのお姉さま(推定60歳前半)は怪訝そうな顔をされます。W

こうやって芽吹いてきて、すこしグニグニしてるじゃがいもを

日光にあてて発育を促進してやるわけです。

じゃがいもは畑じゃなくても、ベランダなどでも作る方法はあります。

私がやっているのは「袋作り」と呼ばれる方法でこれならば肥料も節約できるし

収穫も楽ですよ。次回はそのへんを順序よく説明させていただきます。

関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL